×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

移送取扱所移送取扱所はパイプラインだと学ぶことが多いようですが、皆さんがイメージしている砂漠に敷かれた様なパイプラインは残念ながら該当しません。あの手のモノは「石油パイプライン事業法」に該当するものとして、消防法上の製造所等から外れてしまいます。とはいっても、外見上は何らかわりがありませんので、どっちでも良いと思います。何故、こんなに投げやりかというと、移送取扱所に関しては問題が出題されないからです。
当サイトでは、「すぱっ」と切り捨てましたので、ご了承ください。

保安距離・保安空地・設備移送取扱所

製造所と同じです。

 

これで終わりです。

 →

ほぼ、情報が無いページのこんな所を読んでくださるあなたは、よほど暇なのか好奇心旺盛なのか分かりませんが、読んでくださる以上は何かしら情報を提供しましょう。

このページのように情報を制限しているのは理由があります。
それは、「試験にも実務にも必要ないから」です。

どっちみち、危険物取扱者の資格が必要な仕事に就いたとしても、物質別に最確認が必要ですし、講習も受けることになります。
基本的な部分だけ覚えておけば資格者としては十分なのです。

ですから、試験ではそういった重要基本部分さえ覚えていれば合格出来るように試験問題が設定されているのです。
当サイトの関連ページをすべて覚えていれば80点以上はとれるはずです。
赤文字箇所だけなら60点前後という所でしょう。

ネットを見ていると「2回落ちた」「1年かかった」などと言う人がいますが、そういった方は全部覚えようとして、逆に重要部分をあやふやに覚えてしまっているのだと想像します。
危険物取扱者試験は国家資格の中でも簡単なレベルに属しますので、この資格の取得にあまり期間をかけるのは賢いとは言えません。
この資格を取得したからと言って給料が大幅UPするわけでも、就職に有利になるわけでもありません。
このサイトを利用している方には、すぱっと合格していって貰いたいと考えています。

余計なことは今覚えなくても良いのです。実務に就いたときや必要なときは、どのような人でも資料を確認し、必要であれば再学習するのですから、今は試験合格するに足る知識を蓄積するだけで十分です。資格を取得後でも勉強は出来ますからね。

今まで、参考書や他のサイトでダメだった人も、何となく知識は頭の中に入っているでしょう。
そういった知識で重要な部分を「猫危」で再確認すれば必ず合格出来ると思いますので、がんばっていただきたいと切に願っております。