×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

製造所区分

危険物を取り扱う施設は製造所等と呼ばれ、「製造所」「貯蔵」「取扱所」の3つに区分されます。これらは更に区分され、それぞれに規制がなされています。これらの取り扱い区分は非常に重要な知識で、問題文中にたくさん出てきますのでしっかりと覚えるようにしてください。

製造所等の3つの区分

製造所図貯蔵所図

取扱所図大雑把ですがイラストにしてみました。

製造所とは危険物を製造する施設のことなので、製品製造のために危険物を使用しているような工場などは該当しません。それは貯蔵所に該当します。

また、取扱所というのは主に販売を行う施設です。
皆さんもご存知のガソリンスタンドやカー用品店などがそれに該当します。


製造所等の詳細区分

製造所

危険物を製造する施設

 

貯蔵所

屋内貯蔵所

屋内の場所で、危険物を貯蔵・取扱う施設

屋外タンク貯蔵所

屋外に設置されたタンクにおいて危険物を貯蔵・取扱う施設

屋内タンク貯蔵所

屋内に設置されたタンクで危険物を貯蔵・取扱う施設

地下タンク貯蔵所

地盤面下に埋設されたタンクで危険物を貯蔵・取扱う施設

簡易タンク貯蔵所

容量600L以下の簡易タンクで危険物を貯蔵・取扱う施設

移動タンク貯蔵所

車両に固定されたタンクで危険物を貯蔵・取扱う施設

屋外貯蔵所

屋外の決められた敷地で危険物を貯蔵・取扱う施設

 

取扱所

給油取扱所

自動車等に燃料を直接給油するために危険物を貯蔵・取扱う施設

販売取扱所

店舗において容器入りのままで販売するため危険物を貯蔵・取扱う施設(第1種と第2種があり)

移送取扱所

パイプラインなど、配管及びポンプ及びこれらに附属する設備で危険物を移送する施設

一般取扱所

給油、販売、移送以外で危険物を貯蔵・取扱う施設

法令 →

まとめ

※ ***とはどのような施設か?のような問題に対応するには、一応全部覚えておく必要があります。
    のちのページでさらにこれらの詳細を学習します。今は資格取得のために頑張って覚えてください。