×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

簡易タンク貯蔵所

簡易タンクは一般にはあまりなじみのないものなのでイメージしづらいと思いますが、以外と使用しているものです。重量があるので多くは牽引出来るようになっていたりします。簡易タンクの問題が出題されるとしたら、構造上の規定?というか実際には設置に関することで、ひとつの貯蔵所に設置出来る個数に関することです。

簡易タンク

※ 参考書などには「手動」「電動」の図があると思いますが、まったく意味が無いので覚えなくて良いです。
    手動も電動も何ら試験に関係ありません。

 

保安距離

保安空地:移動式なのでありません。

 

保有空地

保有空地:周囲1mの空き地を確保しなければなりません。

 

構造

  • タンク容量は600L以下
  • 簡易タンクを3基まで設置可能。ただし、同一品質の危険物は同時に設置できません。
  • 専用室に設置する際には、屋内タンク貯蔵所と同じ扱いになります。従って、壁やタンク相互は0.5m以上の間隔が必要です。
  • 容易に移動しない様に、地盤面又は架台に固定しなければなりません。

 

設備

  • 簡易タンクには通気管を設ける必要があります。

 →

まとめ