×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

販売取扱所

販売取扱所 カー用品店販売取扱所には第1種と第2種があり、取扱数量によって区分されています。この数量は倍数によって定められており、試験出題率も高いです。また、第1種の建物構造や設備についても出題がなされますので、しっかりと記憶してください。

※ イエローハットさんごめんなさい。無断で写真を使ってます。
    でも、イエローハットクレジットカードも持っているので許してください。

保安距離

保安距離の規制はありません。

 

保有空地

保有空地の規制はありません。

 

構造・設備

  • 店舗は建築物の1階でなければなりません。
  • 第一種(指定数量の倍数が15以下)と第二種(指定数量の倍数が15~40)に区分されます。
  • 外に面する壁は準耐火構造で、建築物の他の部分との壁は耐火構造にしなければなりません。
  • 上階がある場合は上階の床を耐火構造とし、無い場合は屋根を耐火構造としなければなりません。
  • 店舗の窓や出入り口には防災設備を設け、窓や出入り口にガラスを用いる場合には網入りガラスを使用しなければなりません。

※ 第1種販売取扱所 カー用品店のサンプル構造図

第1種販売取扱所

 

試験には出題されませんが耐火構造と準耐火構造についてです。

耐火構造

建築基準法上、壁・柱・床などの構造のうち、政令で定める耐火性能の技術的基準に適合する鉄筋コンクリート造、レンガ造などを用いて建設大臣が定めた構造方法を用いるもの、または、建設大臣の認定を受けたもの。

準耐火構造

建築基準法上、壁・柱・床などの構造が政令で定める準耐火性能の技術的基準に適合するもので、建設大臣が定めた構造方法を用いるもの、または、建設大臣の認定を受けたもの。「イ」準耐と「ロ」準耐の2つの基準があり、それぞれ更に2つの基準に分かれています。「イ」の方が耐火性能は高くなります。

 →

まとめ