×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

屋内タンク貯蔵所

屋内にタンク専用室を設置している場合には、保安距離や保有空値の規制がありません。ただし「大型のタンクは設置しづらい」「建築上コストがかかる」等の理由から、あまりお目にかかることがありません。試験に出題されやすいのは構造に係わる部分です。

保安距離・保安空地

保安距離、保有空地などの規制はありません。

 

構造

  • 平屋建てのタンク専用室に設置する。
  • 壁やタンク相互は0.5m以上の間隔。
  • 指定数量の40倍以下。
    (ただし、第四石油類及び動植物油以外の第四類の危険物については、20,000L以下

屋内タンク貯蔵所モデル図

※ 細かい部分は出題されません!赤文字の部分だけでも大丈夫です。

設備

  • 配管は製造所の基準。
  • 採光、照明、換気及び排出設備は屋内貯蔵所の基準。
  • 圧力タンクには安全装置、それ以外には無弁通気管を設置。
    ※無弁通気管技術基準:屋外に排出され、地上4m以上の高さとし、窓、出入り口等の開口部から1m以上離さなければなりません
  • 液体危険物の量を自動的に表示する装置が必要です。(設置型タンクには共通です)

 →

まとめ