×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!

このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。
This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また、配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・化学
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

練習問題

危険物の試験は、簡単なのですが初見でぎょっとする場合があります。それは過去問が公表されていないと共に、全く同じような問いではないからです。従って、試験問題をひたすら解いて解法と正解を丸暗記することでは、満点は取れません。

しかし、ここで大切なのは「満点が取れない=不合格」ではないという事です。

「危険物に関する法令」「基礎的な物理学及び基礎的な化学」「 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」の3科目について、各60点以上正解することで合格となるのですから、満点は必要ありません。

 

解法と正解の暗記

解法と正解の暗記だけで獲得できるパーセンテージは当サイトの分析では70~80%です。それは合格と言うことです。であれば、必要な部分を丸暗記(この資格で必要なのは計算問題や物理、化学ではなく、危険物に対して正しい知識を持ち事故や災害を未然に防ぎ、消火の知識を持つことですから、暗記100%です)して、練習問題でその暗記した知識を確実に覚えるという学習法が王道であり正道です。

至極まっとうな話しで申し訳ないですが、知識を身につける以外に試験には合格しませんし、知識を身につけることが正しい有資格者の姿です。

 

 

イメージ画像

各問題には該当ページへのリンクがあるので、わからない時や問題を間違ったときには、そのリンクからページを確認しましょう。
そのため、解答ページに解説はありません。

また、問題はPDFファイルでも閲覧することが出来るので、ご自宅で印刷して練習することもできます。
現在リニューアルが済んでいるところまでPDF化されております。

イメージ画像