×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

地下タンク貯蔵所

地下タンク貯蔵所は参考書等での取り上げ量が多いですが、難問も出題されるわけではありません。タンクの種類やタンクの埋没方法などを把握し、共通する設備との違いを学習すればさほど難しくはありません。

保安距離ガソリンスタンド

保安距離規制はありません。

 

保有空地

保安空地規制はありません。

 ※ つまり、どこにでも設置することができます。小学校横でも重要文化財の裏でも関係ありません。
    ほとんどのガソリンスタンドがこれに該当
します。

 

設置方法

地下タンク貯蔵所設置方法表を見れば分かると思いますが、ちょっと複雑です。
このような複雑な区分となっている事項は試験に出題されづらい傾向にあります。したがって、こんなものもあるんだなぁくらいに考えて、次に進みましょう。
覚えなくても大丈夫ですからね!

Sタンク

   =スチールタンク(SteelTank)
   

SSタンク

   =スチールスチールタンク
          またはステンレススチールタンク
          この区分については曖昧です。
          ステンレスの素材の多くはSS400等
          SSと表記されます。
   

SFタンク

   =スチールFRPタンク
          (FRPとは繊維を樹脂で固めたもの
          たとえば、車のバンパーなどが有名)
   

FFタンク 

   =FRP FRPタンク

 ※ あまり重要な部分ではありませんが二重殻
   タンクの各名称ぐらいは軽く覚えておきましょう。

それ以外は、ガソリンスタンド等に埋設するタンクを決定する立場の人、または責任者として任命された方に必要な知識です。そうなってから勉強し直しても大丈夫です。

構造(覚えるのは下記2つのタンク!)

二重殻タンク以外の設置例

地下タンク設置例
  • 通気管の高さは地上4m以上
  • 面下0.6m以上
  • 0.3m以上の鉄筋コンクリート造の蓋
  • 圧力タンクの場合は、最大常用圧力の1.5倍、
    それ以外は70kPaの圧力で10分間行う水圧試験
    に合格したものでなくてはならない。
  • 漏れを検知する設備が必要
  • 必要な強度を有した防水のタンク室

 

 

強化プラスチック二重殻タンクの設置例二重殻タンク設置例

  • 漏洩検知機は、二重殻の間に取り付けられています
  • この設置例ではコンクリートに囲まれて設置されていますが、二重殻タンクは面下への直接埋没が許可されています。

 

 

設備

  • 地下タンク貯蔵所には標識及び掲示板を設けなければなりません
  • 圧力タンクには安全装置を付ける必要がある。
    圧力タンク以外のタンクには無弁通気管又は大気弁付き通気管を付けなければならない。
  • 危険物の量を自動的に表示する装置(メーター)を設置しなければならない。
  • 危険物の漏れを検知する設備漏洩検査管等)を設ける必要がある。

 →

まとめ