×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

一般取扱所

一般取扱所とは、給油、販売、移送取扱所などに分類されないすべての取扱所のことを指します。イメージしやすいのは、板金塗装工場や鉄工所などだと思います。ただし、指定数量以上を扱わない場合には含まれません。危険物取扱者試験には、ほぼ出題されませんので、飛ばしていただいて結構です。

保安距離・保安空地・設備・構造

製造所に同じ。

規制緩和の特例

  • 吹き付け塗装作業等で第二類又は特殊引火物を除く第四類の指定数量の倍数が30未満の施設。

吹き付け塗装

  • ボイラー、バーナーその他これらに類する装置で引火点が40℃以上の第4類の危険物だけを指定数量の30未満取り扱う施設。

ボイラー ねこまた重工株式会社より引用

※出題されるとすれば、上記2点です。

このボイラーは私の趣味で記載しました。
戦艦「金剛」に搭載されたヤーロー式ボイラー!!!!!

 

 →

まとめ