×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

危険物取扱者に必要な消火設備の知識TOPページ

はじめに

いよいよ、本格的に実務に直結する知識の習得です。

先に学習した消火理論が基礎知識となります。消火方法に応じた適切な消火設備の選択が出来なければ習いません。つまり、危険物に対応した消火設備の選択と言うことですね。

さて、危険物取扱者に必要な消火設備の学習内容について、説明します。

  1. 消火設備と区分
  2. 第1種消火設備
  3. 第2種消火設備
  4. 第3種消火設備
  5. 第4種消火設備
  6. 第5種消火設備
  7. 消火設備一覧

試験にも必ず出題されますし、非常に重要な学習項目の為、図を使用して詳細に説明してゆきます。

 

消火器の研究

これらのリンク先の情報は試験には出題されることはまず無いですが、消火器の各種類について説明を行っているページです。

追記:すべてが出題されないわけではありません。
     詳しい説明ですので、もちろん基本的な事柄は出題されます。

棒状及び噴霧状の水を放射する消火器

水消火器

酸・アルカリ消火器(現在は製造販売は行われていません)

棒状及び霧状の強化液を放射する消火器

強化液消火器

泡を放射する消火器

化学泡消火器

機械泡消火器

二酸化炭素を放射する消火器

二酸化炭素消火器

ハロゲン化物を放射する消火器

ハロン1301消火器(特例を除き現在は製造販売は行われていません)

ハロン1211消火器(特例を除き現在は製造販売は行われていません)

ハロン2402消火器(特例を除き現在は製造販売は行われていません)

粉末を放射する消火器

粉末(ABC)消火器

粉末(Na)消火器

粉末(K)(Ku)消火器

 

 →

消火栓