×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

危険物取扱者に必要な燃焼理論TOPページ

はじめに

いよいよ、実務にも直接関係する理論の学習です。

基礎物理で学んだことと基礎化学で学んだことをもとに、燃焼とは何かと言うことを学びます。
これは、次に学ぶべき消火の理論につながる重要な学習です。

危険物取扱者は法律的に危険物を取り扱う事ができる資格を得ると同時に、事故を未然に予防しなければならないという責任を持つことになります。

※ 危険物取扱者の重要な使命は事故の防止です。これは法令の区分の試験問題として出題されます。

さて、危険物取扱者に必要な燃焼理論の内容について、説明します。

  1. 燃焼と燃焼の仕組み
  2. 物質の三態における燃焼
  3. 燃焼しやすい物質の条件
  4. 燃焼における化学用語
  5. 自然発火について
  6. 物質の混合による危険性
  7. 爆発という燃焼形態

上記が試験に必要な項目です。

当サイトに記載されている内容に絞り込んで、しっかりと学習してください。

 →

火炎