×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合格の60点以上を取るために必要最低限絞り込んだ学習ポイントと問題を盛り込んだ試験対策サイトです!
It is the exam site that incorporates the problem and learning point narrowed down the minimum required to take 60 or more points pass!
このサイトは日本国家資格の「危険物取扱者」の受験対策について記載されています。資格試験の出題箇所について独自の分析により、必要最小限の内容となっております。

This site is a national qualification in Japan, "Hazardous materials engineer" are described for exam measures. The point for your own analysis of exam questions, and ordered the contents of the minimum.

リンクや広告について

当サイトには広告や別サイトへのリンクがありますので、ご確認ください。また配信事業者はCookieを使用してウェブサイト閲覧履歴に基づく広告を配信しております。

理論・知識
法令
練習問題
資格について
サイトマップ

危険物取扱者に必要な基礎化学TOPページ

はじめに

物理学よりは幾分取っつきやすい化学ですが、それでも化学反応式などには抵抗がある方が多いと思います。
猫危では物理学の時と同じように、出題箇所を抜粋してわかりやすい説明をしてゆきたいと思います。

さて、危険物取扱者に必要な基礎化学の内容について、説明します。

  1. 物質の基本と化学変化
  2. 酸と塩基
  3. 酸化と還元
  4. 金属
  5. 有機化合物

上記が試験に必要な項目です。
他の参考書などではもっとたくさんあるものもありますが、一生懸命覚えても乙4類の試験にはほとんど出題されません。また、そこまでの知識は実務にも必要ありません。

当サイトに記載されている内容に絞り込んで、しっかりと学習してください。

 

 

 

 →

ちょっと一言

基礎化学も、取っつきづらいかもしれません。

できる限り初学者でも危険物取扱者に必要な知識が身につくように説明を行っていますが、最低限の知識が無いと理解しがたい内容もあります。基礎化学ですから、さほど難しい事は無いのですが、言葉の言い回しによって意味が違ってきたりするので、国語の基礎学力はある程度必要です。

また、基礎物理学と同じように語弊がある記載や正確ではない説明があります。ただし、それらを全て正しい記述として内容を説明すると、膨大なページ数が必要なだけではなく、学習する皆さんの負担にもなります。

知識として正しいことと理解のしやすさのバランスは考えてテキストを作成しておりますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。